htmlメールおすすめの使用方法

htmlメールはインターネットが一般的に普及し始めた頃から使われてきました。しかし当時の通信回線の限界から表示にかかる時間が遅くなる、煩わしいなどでhtmlメールではなくテキストメールでの使用が推進されるようになり、次第にテキストのみのメールでやり取りされるようになりました。今ではhtmlは自動的に表示にする、またはhtmlメールそのものが使えないメーラーが増え、また絵文字やスタンプがメールの文面を華やかに装飾し、htmlは次第に影を潜め行きました。スマートフォンを中心に使っている若い世代は、メールにhtmlが使えると知っている人は少ないのではないでしょうか。しかし最近になり再びhtmlを使ったメールが普及し始めました。一昔前ではうるさいと顰蹙を買っていたhtmlメールが、デバイスと通信技術の発展により、効果的な使い方ができるツールとして再注目されたのです。

htmlメールでメルマガを配信しましょう

ダイヤルアップ接続だった時代とは違い、今では画像もすぐに表示できるようになりました。またテキストメールだった頃に発展した記号を駆使したレイアウト、htmlメールなら簡単に、かつ見やすく表示できます。htmlはメルマガで活用できるでしょう。メルマガでは雑誌並みの良質な内容を配信している人も少なくありません。ただ黒い文字だけを羅列すると、いかに内容の濃いメルマガでも読むのに大変です。特に有料でメルマガを配信している場合は、定期購読してくれるかがカギですので、読みにくいメルマガは読者が離れてしまう心配があります。そこでhtmlを使い、Webページのようなメルマガを構築すれば、格段に読みやすくなります。内容には自信があるのに、なかなか購読者が増えないと悩んでいる人は、htmlでメルマガ配信をおすすめします。

DMメールにもhtmlメールを

DMメールでもhtmlを使ったメールは有効です。商品をわかりやすく説明する、キャンペーンの紹介、自社のWebページへの誘導などhtmlや画像を使い、ユーザーにより明確に伝えることが可能です。自社ロゴをメールに貼るだけでも、テキストのみのメールに比べると宣伝効果は期待できます。最近のメールならギガバイト、テラバイトと言った超大容量ではない限り問題なく表示できますので、伝えたいこと、商品の魅力を紙媒体のダイレクトメールよりも紹介することができます。しかし注意したいのは、やはり画像の数は常識的な範囲内に収めることです。いくら数十キロバイト程度のメール容量でも、画像が何十と表示されていれば、受け取った側もさすがに辟易してしまいます。自社ロゴ、どうしても見せたい画像を7ないし8程度に収めることを心がけます。