htmlメールを使うことによる効果は

通常のテキストメールと異なり、本文をhtml言語(ハイパーテキスト・マークアップ・ラングエージ)で記述したhtmlメール。WEBサイトなどで用いられる言語をメールで扱ったメールのことですが、一体どのような効果があるのでしょうか。まず、何といってもhtml言語の恩恵をそのまま受けられることです。本来WEBページ用として開発されたものをメールへ転用しているため視覚的な効果を自由自在に操ることができます。「」とすればタイトルや見出しを大きくしたり、重要な文字を強調したりできます。「」とすれば文字に色を付けられます。文字の色は視覚に訴えかけられる一番シンプルかつ効果的な方法です。これを扱えるのは大きなアドバンテージでしょう。

htmlメールを使用するメリット

htmlメールには前述した以外にもメリットが沢山あります。まずはリンクを正確に埋め込むことができる点。近年のメールソフトの高機能化に伴い、テキストメール中のURLを自動で認識することによって受信者の端末からリンクを踏むことが出来るようになりました。しかし、思わぬ文字列がリンクになってしまったり、URLの記述ミスのために正常なURLとして認識されなかったりすることも少なからずあります。メールの配信、特にメールマガジンのような大規模配信においてこれは致命的です。htmlメールならそういった不測の事態を避けられるのです。また、メールの閲覧を確認することもできます。メールマガジン配信の場合閲覧率が重要な指標となります。データのフィードバックを行うことで、質の向上につなげることが出来るでしょう。

htmlメールのデメリットと注意点

しかしながら、htmlメールにもデメリットが存在します。それはメール作成にかかる手間や時間が必然的に多くなってしまうこと。よほどhtml言語に慣れていなければビジュアルエディターが必要不可欠になりますし、テキストエディターで書くことが出来ても手間がかかることに変わりありません。いくら宣伝効果が高いとはいえ、メールに時間を費やした結果本業に手が回らなくなってしまっては本末転倒です。さらに、htmlは受信者が「これは不要な広告だ」と直感してしまうことにより重要なお知らせを見過ごされてしまうという危険性も存在します。なぜなら私たちは日常的に広告とそうでないものを無意識のうちに判別しているから。内容は問わず、htmlメールは直感的に「広告っぽさ」を与えるとも言われます。重要な内容はテキストメールを用い、改まった表現で伝えるのが良いでしょう。